2014年04月03日

パーム核脂肪酸アミドDEA

パーム核脂肪酸アミドDEAは、非イオン界面活性剤、増粘・泡立ち補助成分
植物由来のノニオン系界面活性剤で、泡の安定性、起泡性、洗浄性を高める成分。
オイルパーム(アブラヤシ)由来の増泡剤。きめ細かい泡が立つ

※パーム核脂肪酸アミドDEA とコカミドDEA の違い
共に非イオン界面活性剤で、処方系で増粘・泡立ち補助成分の役割を果たしています。
また、パーム核およびコカミド(ココヤシ)の主成分はラウリン酸で性質に大きな違いはなし。
原料メーカーによりアミド系非イオン界面活性剤を作る際にどちらの油を使用するかの違い。

通常の配合量で問題なし。


posted by kenkogenki at 01:51| ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。